採用のご案内

仕事のやりがい

「病棟転換にチャレンジ」

Vol. 039令和元年11月

■職種:
理学療法士
■勤続年数:
5年8ヶ月

私は花川病院の回復期リハ病棟に理学療法士として入職し約6年経ちます。今年の10月からは、当院2階に新設された回復期リハ病棟の立ち上げメンバーとして勤務しております。新たな立ち上げという事で、リハビリテーション部門内での仕組みに加え、他部署とのスムーズな連携方法など様々な事を決定、調整していく必要があります。そのような環境に身を置いて気づいた事は、今ある組織や仕組みというものは当たり前にあるものではなく、当院に携わった多くの諸先輩方の歴史の積み重ねや健育会理念の上に成り立っているという事です。そのような一員として携われた事はとても貴重な体験であり、チャレンジさせてくれた当院の職場環境にも感謝と、やりがいを感じています。

また、新たに立ち上げた回復期リハ病棟のスタッフとして関わるということは責任もありますが、今まで以上に患者さんやご家族の望む目標へ還元できるやりがいにも繋がります。質の高いリハビリテーション提供という面では、当院は部内勉強会や症例発表会、研究活動などが活発に行われ、知識・技術を学ぶ機会に恵まれております。また、道内初のトヨタ歩行支援ロボット機器(Welwalk)の導入など常に知識・技術のアップデートを図っており、個々人の成長に繋がる環境が整っています。そのような職場環境で働ける事にやりがいと改めて感謝を感じつつ、自身も貢献していけるよう取り組んでいきます。

「健育会グループで働いて感じた仕事のやりがい」へ戻る