当院のご紹介

病院理念
〈看護部の理念〉

花川病院 看護部 理念
  • 看護部理念

    私たちは、何よりも患者さんの尊厳を尊重し、
    やさしさと思いやりをもった看護を実践します。

  • 看護部理念

    地域のリハビリテーション病院の看護職として、
    患者さん個々が自分らしい生活を構築できるように、
    日常生活機能向上を目指す看護を実践します。

私たち花川病院看護師はナイチンゲールの教えを看護実践の基本としています。
ナイチンゲールは看護とは「自然(自然治癒力)が患者に働きかけるに最も良い状態に患者を置くことである」といっています。私たちは、その時々の患者の持てる力を最大に引き出すように工夫する看護を実践しています。

厚生労働省は高齢者の尊厳の保持と自立生活の目的の基で、可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることが出きるよう、地域の包括的な支援・サービスの構築を推進しています。

フローレンス・ナイチンゲール

当院看護部も患者さんの思いを大切に、住み慣れた地域での生活を大切に、入院時から退院支援に取り組んでいます。高齢であっても、認知症があっても、麻痺が残った、介護が大変、独居であっても、医師、看護、介護、リハビリテーション、薬剤師、管理栄養士、MSWはチーム医療で取組みます。また、法人内の在宅チームも一緒に支援いたします。